コンテンツへスキップ

ラズパイのマイクラでサバイバル(モドキ)

ラズパイクラスで毎度の情景。

「ラズパイは最初からマイクラが入っています。無料です。」
おー!

「バージョンは、0.1.1です。」
えー!

「クリエイティブモードしかありません。」
えええー?!

「でも、ニセ・サバイバルにすることはできます。夜が来るようにもできます。」
よかったー!

 

 

「でも、敵を殺せなかったり、インベントリが保存できなかったり、色々足りません。」
わぁーわぁーわぁー(聞いてない)

子どもたちの気が散るのでサバイバルモードは普段使っていないのですが、そろそろ、やり方を簡単に説明します。

パッチを当てます

Raspbian Stretchで確認しました。以下の6行をLXTerminalの黒い窓にコピペ。最後の行でエンターを押すと、いきなり起動するはず。エラーが延々と出るかも知れませんが、無視してください。起動を確認したら、終了。

(最近、OpenGLのライブラリのパスが切れているようで、ちょっと小細工が必要になりました。シンボリックリンクを張ると良いのかも知れませんが、とりあえず環境変数で。)

メニューからの起動を設定します

メニュー/設定/Main Menu Editorを起動します。


「新しいアイテム」の追加
Name: Minecraft Pi Survival
Command:
(以下の行をControl + c でコピー。)

( Control + v でペーストします。)

Comment: 生き残れ!


アイコンをクリックしてファイルを選択します。左下「他の場所」から辿っていってください。

/usr/share/pixmaps/minecraft-pi.png


アイコンが設定できました。


メニューの中にアイテムとして追加されました。アイコンはちょっと変えてます。


できた! 生き残れ!


起動!

色々と足りてないので、ScratchやPythonの助けを借りて、使いましょう。


昼夜ありモードは、別の小細工が必要です。あと、クリエイティブのままでモブだけ追加する方法もありますが、また今度。
ニセ・サバイバルを設定したあと、元のクリエイティブも使えます。意味無いですが、同時に立ち上げることも可能。

参考ページ:

パッチ作者のフォーラム書き込み

OpenGLのライブラリへパスを繋げる方法
ラズベリーパイのMinecraftでサバイバルモードを遊べるようにする手順

コメントを残す