コンテンツへスキップ

1

BBC micro:bit、夕方注文したら次の日の午前中に届きました。すごい。技適付きのバージョンを輸入しても良かったのですが、今回は普通に日本で。
(以前に書いた記事「micro:bit 日本上陸なう(正確には8月5日から)」

Raspberry Piと同じく、英国生まれ、若年層の教育目的で作られました。Raspberry Piがディスプレイ、キーボード、マウスもつながるパソコンなのに対して、こちらは、パソコンとつないで、あるいはタブレットなどから無線でコードを書き込んでおいて、単体でバッテリー動作もできる小さなマイコンボードです。加速度センサー、コンパス、温度センサー、5x5のLEDマトリクス(明るさセンサーにもなる)、押しボタンスイッチ2個、さらに、Bluetoothによる無線接続が可能となっていて、いわゆるIoT的なガジェットとして使えます。

つまり、Raspberry Piとは補完的な存在です。Code2Create.Clubにいよいよ投入! ... "micro:bitが山のように" を続けて読む

ラズパイには、最初からPDFビューワーが入っています。

メニュー/アクセサリ/PDF Viewer、コマンド名で言うと、xpdfです。しかし!

日本語が文字化けします。ChromiumのPDFプラグインはマシですが、でも文字化けするフォントがあったりします。軽くて使いやすいビューワーはないかな?と思って探してみました。

evinceが良い!

sudo apt-get install evince で、インストールできます。最近アップデートをしてない人は、以下のように。

メニュー/グラフィックス/あるいは、メニュー/オフィスの中に、ドキュメントビューアーとして現れます。