コンテンツへスキップ

コーディング サマーキャンプ 2021のテーマ、あるいは、隠された野望

コーディング サマーキャンプ 2021でのテーマは、
「Java版マイクラをScratchやPythonでコーディングして楽しむ。」

そして、裏テーマは、
「習っていないことにも自力で取り組み、なんとかする力を付ける。」

ここまでは、いつもとあまり変わらないのですが、今回は、ちょっと違う試みが。

GitHub.com中学生がGitHub.comを活用してオープンソース開発に参加する。なんなら、小学校高学年も。英語圏では普通になってきていることですが、Python、GitHub.com共に英語障壁が地味に厳しい。それを、スタイルとして固めてしまい、慣れてきたら、出てくる英語も類推して学べるようになる。(野望1)

チャレンジする方向性は2軸。

  1. コーディングを楽しみつつ、使い慣れたScratchからPythonへ足を伸ばす。
  2. VS CodeとGitHub.comを普段使いにして、Pythonの入門/基礎のあたりを自学自習できるツールにする。

今までは、ラズパイのマイクラでやってきましたが、さすがに最新版とのバージョン違いが大きくなってきたこともあるし、VS Codeでコーディングして、GitHub.comを活用、オープンソース開発の基礎まで挑戦してもらいたい、と思った時にラズパイ4では厳しいなと。Java版マイクラとVS CodeをインストールしてChromiumを同時に立ち上げて、、、できることはできるけど、子ども達の創造力のスピードに追いつかない感が。。

Jupyter Notebookを活用して、Python入門というアプローチもやっているけど、これでは簡単にはローカルマシンにアクセスできないので、マイクラで遊べない。

というわけで、今回は、PythonコードをVS Codeで書いてマイクラ世界をリモコン、コードはGitHub.comで管理という、code to learnもあるけどもlearn to code要素も多めの企画を試してみます。PC持込主体で自分のPCに開発環境を作り上げて、キャンプ終了後もバリバリと開発できるようにする夏休みならではの集中講座です。一旦、環境ができれば、オンライン講座へもつながる。(野望2)

あー、なんか、ブートキャンプという感じがしてきた。

Java版マイクラのほぼ最新版が、ScratchとPythonでリモコンできるようになった、というのが個人的にはかなり衝撃で、そこから、このキャンプのアイデアが産まれました。なにしろ、3年間、時が止まったようになっていたので。さて、ヒントになるようなサンプルコードを用意しなくては。

コメントを残す